かさばる物

不安は誰の心の中にも有ります。
私も脳天気ですが、不安が無いわけではない。

女性の生理用品の類ならいざ知らず、ティッシュやトイレットペーパーがなくても新聞紙や葉っぱで代用できるんです。

そんなかさばる物を買い込んでも場所を取るばかりなんですがね!

オイルショック時のトイレットペーパーに並んだ際、印刷会社や製紙会社から幾らでも紙が供給されていました。
群集心理が不安を煽り、市場価格が高騰し値上げをしても顧客は誰もNO!と、言わなかったらしいです。
お陰で2ヶ月ごとに慰安旅行に皆で出掛けたとか、訊いています。タイトルに気を使うが、江戸で被曝しました。
不謹慎ながらタイトルに使わせて頂きますが、東京電力の事故等とは関係ないので妙な関心や好奇に晒されるなら下らん日記ですからNHKでもご覧下さい。

本日、通院し4月4日に手術が決定。
〝月内に引越の予定で遅いほうが有難い〟と、半分マジで半分ウソの混じった言い訳をして遅くしたのだ。
実際、ウマクすれば「生活保護」を受給して入院費用に充てられるかもと言う、綱渡り的な人生ソノモノ…
小生の好きな「4」ばかりの日だ、忘れられそうにも無い。
念の為、「同意書」などと言う大それたものにサインをさせられた。
医療過誤の際には責任は取らぬという病院側の逃げの文書だが、断ることは出来ぬ。