ブドウ球菌

常識的に水虫イコール足、ことさら足指の間にできる皮膚病として認知されていますが、白癬菌がうつるのは足だけに留まらないので、人の体ならどの部分にも感染してしまう可能性があるので注意してください。
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒力が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒素が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)になります。
抗酸菌のひとつである結核菌は、感染している人がゴホゴホと「せき」をすることによって空間に放たれ、空気中でふわふわと流れているのを誰かが空気と一緒に吸い込むことで拡がります。
バランスの良い食事を1日3回とることやスポーツはもちろんですが、身体の健康や美容を目的とし、特に欲しい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを摂取する行為がまったく珍しくなくなったようなのです。
万が一検査で現在エストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なくて早発閉経(early menopause)と判明した場合、少ない女性ホルモンを補ってあげる処置などで緩和できます。
グラスファイバーで作られたギプスは、丈夫で軽量な上にとても持ちが良く、なんと濡れても壊れずに使えるという特長があるので、今の日本のギプスの定番です。
欧米においては、新しい薬の特許が切れた1ヶ月後、製薬市場の約80%がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に取って代わるような薬もある位、ジェネリックは各国に知られているという現実があります。
耳鳴りには種類があって、当事者にしか感じられないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者以外にも品質の高いマイクロホンを使ってみると響いてくる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、オゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させたりして、皮ふに良くない影響を与えます。
一見すると「ストレス」は、「なくすもの」「除去すべき」と思われがちですが、本当は、私たち人は様々なストレスを経験するからこそ、活動することができています。
素人判断では折ったのかどうかよく分からない時は、違和感の残る所の骨をゆっくり突いてみて、もしその位置に強い痛みが響けば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、膨大な研究によって、ワクチンの効果が見込まれるのは、注射の2週間後から150日間位ということが分かりました。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を持たない一般人でも使用可能な医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの通りに行動することで、心室細動に対する治療の効力を患者にもたらします。
ライブの開催場所や踊るためのクラブなどに設置された特大スピーカーの真正面で爆音を浴びて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼ぶことをご存知でしょうか?
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに変わり、平成24年9月以降は原則無料の定期接種となるため、病院などで接種するというスケジュール管理の必要な個別接種のスタイル