今日は天使のような雨だ

今日の江戸のような天気は「雨がマジメに降ってる」と言う。
初めて聞く人は???と、思うようだがキチンと
「そうだね」と、内心「ナンだこのバカ、雨にマジメもクソも有るか?!」と、思っているに違いないと承知している。
然し、英語流に言えば天気=雨が主語だから形容詞として「マジメに」「弱弱しく」「本気で」「泣くように」などが有っても良いと本気で考えている。

若い娘さんは「オニ」などと言うらしいが、「オニ雨」は分り易いではないか?!
直ぐに台風のようだと分る。
「オニ」がいるなら「今日は天使のような雨だ」と言う表現があってもよい。
然し、鬼に対して「桃太郎」ではトマトのことしか思い浮かばないけど。

日本語は諸外国語に訳すとおかしいのが良く分る。
〝忘れ物は?〟などとよく使うが、主語はyouだろうが、お前たちかもしれないし、言った本人を含む「我々」の場合もある、かも知れない。
前後の脈略無く、It’s rainは教材として妥当じゃないと思う。

以上、「語」でした。