和解した

党のピンチであるから、無投票の方が一致団結した姿勢が示せて良いという考え方もできるが、一方で火中の栗を拾う気概を持った人物が他に居なかったということも言える。

だが、本当に一致団結しての無投票だったというのも今となっては疑わしい。
つい先日、野党連携を図る浅尾代表とそれに反対し、与党との政策協力を狙う渡辺前代表との間での対立でみんなの党は分裂する寸前だった。結局は和解したようだが、無投票で党代表を決めておいて、家族に内緒で債務整理浅尾代表の方針に反旗を翻すというのは信義に反する。 『8億円熊手騒動』で失われた信頼をまず回復するというのが新しい代表の責務だろう。
だが禊も何も済まぬまま、渡辺前代表がしゃしゃり出てきては できるはずもない。
そんな渡辺前代表にに同調するみんなの党の議員たちもどうかしている。浅尾代表が気に食わないなら何故、代表選の際に立候補しなかっ た。それは党の危機の際に矢面に立つ覚悟も度胸もなかったからだろう。
これではみんなの党の議員は卑怯者の集まりだと言われても仕方ないのではないだろうか。国民という言葉には2つの意味がある。