生活

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が切れてしまった後に発売されるもので、まったく同じ成分で負担が少ない(価格が高くない)後発医薬品のことを指しています。
ダイエットしたいがためにカロリー摂取を抑える、1人前を食べない、といった生活のスタイルがひいては栄養までもを不足させ、慢性的な冷え性を誘引する事は、多くの医療従事者が危惧されているのです。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹で、分泌がおかしくなる要因として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが大きいと言われています。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを補助する特徴が特に認知されており、血液の中のカルシウムの濃度を操作し、筋肉の動き方を適切に操ったり、骨を作り出してくれます。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを防御し、あらゆる覚醒現象などを支配しており、大うつ病の人は動きが鈍いことが明らかになっている。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング」もしくはグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス手術(CABG)」の2種類の手術の方法が高い確率で採用されています。
骨折によってひどく出血した場合に、急に血圧が下がって目眩やふらつき、冷や汗、嘔吐感、顔面蒼白、意識消失発作などの不快な脳貧血が現れるケースがあります。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘引するような悪影響を及ぼす物質を体の内部で無毒化し、肝機能を良くする役目が判明しています。
毎日の規則正しい、穏やかな生活の継続、腹八分目の実行、楽しい運動やスポーツなど、古臭いとも言える健康についての思いがお肌の老化防止にも関係するということです。
「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等の値によってモニターできますが、ここ数年肝機能が衰退している人が明らかに増えていると言われています。
欧米諸国おいては、新薬の特許が切れてから約4週間後には、市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に取って代わるようなクスリもあるほど、ジェネリックは地球上で知られているのです。
現代の病院のオペ室には、便所や専用の器械室、準備室を備え付け、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ側にその専門室を備えるのが一般的だ。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるため大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を破壊するなど、皮膚に悪い影響をもたらすことになります。
ばい菌やウィルスなどの病気を招く微生物、即ち病原体が口から肺の中に忍び入って発症し、左右どちらかの肺が炎症を起こしたことを「肺炎」と断定しています。
老化が原因の耳の聞こえ辛さにおいては段々聴力が低下するものの、多くの場合は60歳過ぎまでは聞こえの悪化をきちんとは把握できないものです。