筋繊維

肥満というのは勿論食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが原因ですが、量の等しいごはんだったとしても、短時間で終了する「早食い」を続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを助長するという性質で知られており、血中のカルシウム濃度を調整して、筋繊維の動きを調整したり、骨を生成したりしてくれます
近年患者数が増加している花粉症とは、森林の杉やヒノキ、ブタクサなどの木や草の花粉が因子となって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状を発症させる病気だということができます。
自分で外から眺めただけでは折ったのかどうか自信がない時は、痛めてしまった所の骨を弱い力でプッシュしてみて、もしそこに強烈な痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
チェルノブイリ原子力発電所事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータでは、体の大きな大人よりも若い子どものほうが飛散した放射能の有害な影響をより受けやすいことが明らかになります。
流感、即ちインフルエンザに適応している効果的な予防法や医師による治療等のベーシックな措置というものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでもほぼ変わらないのです。
最大の内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や糖尿病に始まる多種多様な健康障害の因子となる可能性が高いといわれています。
「体脂肪率」というのは、体内の脂肪の占有するウェートを指しており、「体脂肪率=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という計算式で調べられます。
一般的には骨折しない程度のごく僅かな力でも、骨の同一の個所に幾度も繰り返し切れ目なくかかることによって、骨折に至ることもあるようです。
比較的若い世代で感染症の一種である結核に抗える力の無い人々が増えていることや、早合点のために診断が遅れることによる集団院内感染の発生頻度が高いようです。
バイ菌やウィルスなどの病気をもたらす病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺に進入し発症し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示していることを「肺炎」と総称しているのです。
日常的に横向きになったままTVを眺めていたり、片手で頬杖をついたり、ハイヒールなどを毎日履くという習慣は体の上下左右の均衡を悪くしてしまう要因になります。
基礎代謝(BM)とは人間が横臥位でじっとしていても燃焼するエネルギー量であり、その半分以上を身体中の筋肉・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で占めるということはあまり知られていません。
お薬やアルコール、合成乳化剤を始めとした食品の添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と呼び、多機能な肝臓が担っている非常に大事な働きのひとつだと言えるでしょう。
今時の病院の手術室には、ラバトリーや専用の器械室、準備室を備え付け、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を備え付けるか、そうでなければ付近にレントゲン撮影用の専門室を備えるのが慣例である。