経済的

ともすると「ストレス」というのは、「無くすべき」「除外しなければいけない」と捉えがちですが、本当のところは、我々人間は大小のストレスを受けるからこそ、生き延びていくことが可能になるのです。
健康を推進するWHOは、身体に害を与えるUV-Aの度を越した浴び過ぎは皮膚病をもたらすとして、18歳以下の人がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する行動の禁止を世界中に勧告中です。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失効してしまった後に購入できる、同一の成分で経済的な自己負担を少なく抑えられる(クスリの価格の安価な)後発医薬品のことを意味します。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があり、オゾン層で一部分が吸収されるのですが、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞の遺伝情報を損壊するなど、皮ふに悪影響を与えています。
アルコールをクラッキングする力のあるナイアシンは、嫌な二日酔いに極めて効果的です。苦しい二日酔いの主因物質だといわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解にも作用します。
「時間がない」「無駄なお付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの著しい進歩に追いつくのが大変」など、ストレスが蓄積されてしまう場面はみんな異なります。
学校・幼稚園などの団体行動をする際に、花粉症の症状が要因で他のみんなと一緒に明るく行動ができないのは、子どもにとっても寂しいことです。
消化器科の領域である急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状がみられる位で済みますが、細菌感染によるものの場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高熱も出るのが相違点です。
過食、体重過量、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢というような様々な原因が集合すると、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病に罹患するのです。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の隙間にある緩衝材に近い役割を担っている椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい円形の線維軟骨が突き出た状態を指しています。
汗疱というのは掌や足の裏、指と指の隙間などに小さな水疱が出る病気で、おおむね汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出現すると足水虫と早とちりされることが結構あります。
体重過多に陥っている肥満は当然食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが素因ですが、量の等しい食事をとっていても、せっかちに食べ終わる早食いをすることによって体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなると考えられています。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助長するという性能で広く知られており、血中のカルシウムの濃度を微調整し、筋肉の働きを適切に調節したり、骨を生成したりしてくれます
めまいは起こらないのに、不愉快な耳鳴りと低音域の難聴を数回繰り返すタイプの事を「蝸牛型メニエール(メニエール氏)病」と呼ぶような事があるようです。
内臓脂肪が多いことによる肥満が確認されて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2〜3個に一致するような様子のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しているのです。